強烈に愛される画家になるための特別講座

画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)が教えるファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

だから団体展は嫌なんだよね、ではない生き方

こんにちは。

宮毬紗です。

 

昨日の限定公開記事で、「大学では、そういうことを教わってこなかった」との反応をいただきました。

 

大学では絵画の販売方法まで教えてくれません。

ですが多くの画家志望者は、自分でもそれを学ぶことをしません。

 

学ぶ必要があるかどうかすらも、知らない人がいますね。

糧を得るための仕事と制作に忙殺されて、自分で学ぶ時間がない場合もあります。

 

「勉強は美大で終わりました。あとは制作していくだけでいいです」ではありません。

 

ぜひこのブログを繰り返し読んで、確実にファンに愛されて、作品を持ってもらえる画家になる考え方の基礎を身につけてくださいね。

 

愛される画家の思考回路になっていきましょう(*^-^*)

 

 

昨日の記事に、けっこう反応がありました。

miyamarisa.hatenablog.com

 

「裏ルール」でネガティブな思いをしている人は多いですね。

 こんな声は、本当によく聞きます。

 

日本画の団体展は腐っている」

 

「どうせ努力しても報われない世界」

 

「塾では美人で若い女性はチヤホヤされて、年齢がいくと見向きもしてもらえない」

 

「所詮サラブレッドには勝てないんですよね」

 

実際に私は日本画の団体に所属していますし、ほかの団体の話も聞きますが、そういう事実もあります。

 

イジメもありますしね。

 

どんな高邁な理想を持って団体を作っても、人が集まると、会社や学校と同じだと感じます。

いろんな人がいますし、いろんな事が起こります。

 

人間が集まると、そこに利害関係が生まれます。

利害のあるなかで、いかに公益性の高いものを生み出していくのか、リーダーの器や、そこにいるメンバーの人間性にかかってきます。

 

2:8:2の法則があるように、すべての人が公平に何かを享受したり、優れた働きをするのは難しいのです。

 

 

そこに関わるのも関わらないのも、あなたの自由です。

向き不向きはありますしね。

 

ですが、ネガティブな要素があるからといって「団体展には出品しません」というのは、違うように思います。

 

画家の場合は、注目していくべきは同業者ではありません。

ファンの人たち、あなたの絵を楽しみに待っている人たちです。

 

どこで絵を発表していくのか。

 

それを決めるのは、あなたがどこで絵を発表すれば、絵が輝くのかということを考えた結果だと思いますよ。

 

ネガティブな要素がなくても、「自分の絵を飾る場所には向いていない」と考える人もいるでしょう。

シリーズで展示するのが向いている作品を描く人もいますし、光源にこだわる人にとっては、どこに展示されるか分からない団体展に魅力を感じないかもしれません。

 

 

あなたは、同業者と生きているのではありません。

いつも絵と共に、人生を歩んでいるのです。

 

あなたの絵が輝く場所を探し続けてくださいね。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこち

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこち

ichiharugallery.hateblo.jp