強烈に愛される画家になるための特別講座

画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)が教えるファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

才能を育てるとは思考回路を作ることである

こんにちは。

宮毬紗です。

 

このブログを、爆発的な勢いで読んでくださる方が増えています(*^-^*)

嬉しいですね!

 

自分の言葉として覚えてしまうくらいに繰り返し読んで、愛される思考回路を血肉化してしまってください。

 

圧倒的に愛される画家の思考回路は、いつからでも身につけることが出来るのです。

 

年齢は関係ありません。

 

どんな年齢でも大丈夫です。

 

人はいくつになっても、環境の変化や経験などによって人が変わるように、考え方が永久に固定されることはありません。

性格も変わりますしね。

 

ここから一緒に、あなたの願いを達成していきましょう!

 

 

私はあなたに、こんな人になってほしいのです。

 

「自分の才能をフルに活かし、魂が喜ぶ好きなことをして、社会的に高い評価を得る人」

 

このブログを読み込んでいるあなたなら、必ずなれます。

 

この条件を満たす画家になるためには、死にそうな我慢や、肉体を痛めつけるような激しい訓練は必要ありません。

 

むしろ、そんなことは、一切しないでください。

私たちは苦しむために生まれてきたのではありませんよね。

 

そういう「特訓しなきゃ〜!」という気合が必要なのではなくて・・・・

 

あなたの魂が喜ぶことをグングン伸ばして、社会へ届きやすい形にパッケージできる力を育てるのに必要なのは、「愛されやすい思考回路」を獲得することなのです。

 

その思考回路を作る「方法」をお伝えしています。

 

 

ちょっと思い出してください。

 

中学や高校の時に、普段はそんなに勉強してなさそうに見えるのに、なぜか試験では高得点な子がいませんでしたか?

 

彼らは生まれつき頭がいいから?

こっそりガリ勉しているから?

  

彼らの高得点の秘密は、これにあります。

 

「勉強のやり方を知っている」

 

勉強がよく出来る子は、ただ勉強しているのではなく、「勉強のやり方」を研究していたりするのです。

 

どうすれば最短の努力で高得点が取れるのか。

 

それを考える重要性を知っているのです。

 

彼らの大半は好きなことをする時間が欲しいので、いかに試験勉強を効率よく済ませることができるのかを考えるのです。

 

やみくもに勉強するのではなくて、「やり方」を重視するのです。

 

これは様々な分野に応用できます。

絵にも、販売にも。

 

ちなみに、試験前にやみくもに勉強するのは・・・

 

あなたが絵を描くとき、なんとなく大学で馴染んだ描き方をして、なんとなく展覧会で「誰か買ってくれないかなあ」と立っているのと同じです(^-^;)

 

効率良く結果を出せるためにも、ちゃんと「やり方」を学びましょうね。

 

自分で考えて、あなたに合ったアレンジが出来るようになりましょうね(*^-^*)

言いなりではなく、あなたの個性を大事にしてください。

 

そうなると結果が出始めます。

正しいやり方でやるからです。

 

すると周りはあなたのことを「あの人は才能がある」と噂するようになるのです。

 

もしかしたら「あの人は、生まれつき何か持っているんだよ」と言いだしたりするかもしれませんね(笑)。

 

 

もしも「どうせ私なんて才能なんかない」と不安になったら、この記事を読んでください。

 

才能とは何かが高く評価されるようになったときに、周りが与えるシンボルマークのようなものです。

自分に才能があるのか、ないのか、深刻に悩むほどのものではありません。

 

あなたは今このブログで、絵が高く評価されるための思考回路を作るレッスンをしているのです。

 だから大丈夫です。

 

落ち着いて、虎視眈々と進んでくださいね。

 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこち

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこち

ichiharugallery.hateblo.jp