強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

ブログやSNSは丁寧語が断然いい

こんにちは。

宮毬紗です。

 

ブログの閲覧数が爆発的に増えています。

強烈に愛される画家になるための勉強への意欲が、本当にすごいです。

 

あなたの本気度、ちゃんと伝わっていますよ(*^-^*)

 

私の本気度もすごいので、かなり徹底的にサポートしますからね(笑)。

これまでの人生で経験したことがないくらい、圧倒的に愛されてください!

 

今回の話題は「ブログやSNSで、どんな言葉を使うのか」です。

 

私がこのブログを書くキッカケになった、恩師として慕っているカリスマ・ブロガーさんがいます。

 

とても有名なブログなので名前は出せませんが、そのブログは多くの人を幸せにして、感謝の気持ちで溢れています。

 

それこそ私がこれまでに見たことがないくらい、影響力と愛され力が、前人未到なほどに圧倒的なのです!

言葉の力と、ブロガーさんの思いの力で、奇跡のような愛を生み出しているのですよね。

 

 

・・・一方で。

 

最近読み始めた、これもまた有名なブロガーさんのブログなのですが・・・

 

いまひとつ中身が頭に入ってきません(^-^;)

 

良いことは書いてあるのですが、読んだあとにスーッと抜けてしまうのです。

 

前出したブロガーさんの記事は、暗唱できるほど覚えています。

 双方ともに同じテーマなのですよね・・・。

 

パッと見は、後出のブロガーさんの方が、サイトは豪華で凝っています。

セミナーも大人気なのですよね。

 

記事が面白くないから、セミナーが人気・・・?

かなりイケメンです(笑)。

 

 

なんとも不思議です。

 

「この違いは、なぜ起こるのかな?」と考えていました。

日々ファンに愛されることについて研究しまくっていますので(笑)。

 

強烈に愛される記事と、そうでない記事。

その違いはどこから来るのでしょう?

 

もちろん個人の好みもありますが、でもこんなことに気がつきました。

 

 

愛されるブロガー「丁寧語で相手に語りかけるように書いてある」

 

そうでもないブロガー「タメ口で独り言のように書いてある」

 

 

愛されるブロガーさんの言葉は、体裁が美しいのです。

美しい日本語を使い、丁寧に語りかける口調で書いてあります。

 

ですので、大切にされている気がするのです。

 

そうでないブロガーさんは・・・

 

バーでお酒でも飲みながら話している感じです。

 

読んでいる私に対する真面目さが、どうも感じられないのです。

 

「うんうん、あんたの言いたいことは分かった。で、私の話本当に聞いてた?」って感じです。

 

この違いは、真剣に読む内容ほど、差が際立つのです。

深刻な悩みを持っている時に、パッと目に入った言葉が美しいと心が癒されますね。

 

人は真剣であればあるほど、気品あるものに惹かれるのでしょう。

丁寧に綴られたものへ、心を寄せるのだと思います。

 

これは絵画でも同じではないでしょうか。

丁寧に描かれたものからは、受け手への愛を感じます。

 

あなたが自分のために丁寧に描いているのだとしても、それを見た鑑賞者は、自分たちが大事にされているように見えるのですよね。

 

 

あなたがブログやSNSを書いているのなら丁寧語で書いてくださいね。

アート系のブログは、友達だけではなくて、見ず知らずの目上の方も読みます。

ぜひ美しい言葉を選んでください。

 

その上で、「ありえねー」「マジっすか」という砕けた表記や、あなたオリジナルの独特な言い回しをスパイスとして使うと、個性的な文章になりますよ(*^-^*)

 

ブログやSNSでも、あなたがイメージアップできますように。

 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこち

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこち

ichiharugallery.hateblo.jp