強烈に愛される画家になるための特別講座

画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)が教えるファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

「裏のルール」をどう考えるのか

こんにちは。

宮毬紗です。

 

今この本を読んでいます。

悪いヤツほど出世する

悪いヤツほど出世する

 

 

リーダーシップ論では「リーダーは善良であれ」と書かれたものが多いのですが、「実は悪人の方がリーダーとして結果を出しているのでは?」という内容です。

 

先日こんな記事を書きました。

miyamarisa.hatenablog.com

 

画家の世界にも、表立って言えない「裏のルール」はあります。

裏事情はあります。

 

知ってしまうと「どの世界も同じなんだな」と感じます。

 

簡単に言えば、金銭関係、派閥関係、女性関係などです。

出来レースだったり、裏工作が行われたり。

まあ色々とあります。

 

画家はある意味、自分が自分のリーダーです。

自分という会社の経営者でもあります。

 

あなたは、あなたのリーダーです。

 

ですので、自分が生きる方針は自分で決める責任があります。

 

決断しなければいけません。

誰かに決断を任せられないのです。

 

だからこそ、多くの知識を得ることは大切です。

大事なことへの判断材料は、なるべく多い方がいいですね。

 

例えば・・・

 

団体展の場合です。

 

その会の会員が好きな描き方があります。

具体的に言えば、明るい色だけを使った絵、写実的な絵が評価が低い会もあります。

 

それが好まれる理由は、その会で一番力のある派閥の影響だったり。

絵画論を読み漁っても、その答えは出てきません。

 

多くの絵画の団体展の場合、審査員は画家だけで行われます。

評論家や学芸員ではありません。

審査で画家の好みが優先されても仕方ないでしょう。

 

たとえ誰が審査しても、ある意味「好き嫌い」で決まってしまうものですが。

 

ガッカリしましたか?

 

落胆したあなたが、「そんな審査は公平ではない」「お気に入りを並べたいだけなんて、展覧会の水準としては低いよね」と批判して、反発して描くのも自由です。

 

実際に、ある派閥のコピー作品が並んでいく傾向になっている団体展もあります。

 

ですが、もう一方でこんな考え方もあります。

 

「ゲームを攻略する気分でチャレンジしてみる」

「あえてその中に浸かってみて、何が悪いのかを探ってみる」

 

ミイラ取りがミイラになる危険性もありますが、自分がやりたいことがクリアに見えている人には、良い経験を積める機会になるでしょう。

 

裏ルールを守りたい人たちにも、何か事情があるのです。

 

それによって誰かが利益を得ています。

ルールを崩すと、何か不都合なことが起こるのです。

 

大抵の場合、その不都合は「お金」と「承認欲求に繋がっていきます。

男性の場合「性欲」もありますが(^-^;)

 

ゴシップを集める必要はありませんが、裏事情というものを、一度は体験しておいて損はないでしょう。

厄介な裏事情に、強制的に巻き込まれることなく、手を引くべきときが分かってきます。

 

ピュアを自称している人には、必要な経験かもしれませんね。

この記事にも「ピュア」を卒業する必要性を書いています。

miyamarisa.hatenablog.com

 

余計な裏ルールに巻き込まれない賢さを身につけるのも、安定した制作には不可欠です。

自分という会社を防衛するためにも、事情をある程度は知っておくといいですね。

 

 

どこにいても、依怙贔屓も派閥も、金銭のトラブルも女性問題も起こります。

 

人間が集まっているのです。

完璧な人は、どこにもいません。

 

それを避けて、一切の汚れがない安全な場所を探して生きていると、いつしか根無し草になることもあります。

 

だからこそ、そこにいて何を学びたいのか、学ぶ対象をハッキリとさせておくのです。

 

あなたがその世界で何を得たいのか、得たいものの優先順位を考えてみるといいですね。

 

自分を高める場所なのか。

出世して優越感を得たい場所なのか。

何よりもお金が欲しいのか。

 

自分を知ることが、何よりの防衛策になります。

 

 

そうそう。

ミイラ取りがミイラになるときは、執着が生まれたときです。

 

「成果を出したい」「認められたい」という気持ちだけで何かをすると、執着が生まれますよ。

 

執着をすると、自分で自分を縛り付けてしまいますし、相手から避けられていくようになります。

そこで不満足感を覚えると、さらに執着心が生まれます。

 

「認められたい」という欲望ではなく、過去の自分よりも一層レベルアップするために、何をするのかを考え続けましょうね。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこち

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこち

ichiharugallery.hateblo.jp