強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

自分を売り込むときに謙遜は1%たりとも必要ない

こんにちは。

宮毬紗です。

 

昨日もたくさん読んでいただきました(*^-^*)

びっくりする勢いで読破している人もいます。

 

強烈にファンから愛される画家の思考回路を叩き込んで、あなたのなりたい未来を叶えましょうね。

記事を繰り返し読んでください。

 

考え方の癖を、愛される画家のものに切り替えていきましょう。

 

 

そのためにも、覚えて欲しいことがあります。

もちろん実践もしてください。

 

「自分を積極的に売り込むこと」

 

絶対に必要です。

最低条件でもあります。

 

誰よりも前に出て、「私は素晴らしい画家です。あなた方も私の絵を求めているはずです」と主張する態度は絶対に必要です。

 

主張しないと、あなたの存在は分かりません。

引っ込んで黙ったままでいると、自信ややる気のない人に見えます。

 

「それでも声をかけてくれる人もいます」との声もあります。

 

ですが、黙ったままの人に声をかけるのは、「誰でもいいから、とりあえず声をかけておこう」という、ターゲットを限定しない底引き網式の思考の人です。

 

暇で構って欲しいそうな女性に、とりあえず声をかけているナンパと一緒です。

  

謙遜はいりません。

 

謙遜は美徳と言われますが、競争の場では不利に働きます。

画家が売り込むことを期待している人たちに対しては、圧倒的に不利になります。

  

これからあなたを愛そうとする人たちは、あなたが謙遜するのを望んでいません。

 

なぜなら「自分が愛するものは、素晴らしい価値があるものだ」と思いたいからです。

人は自分が所有するものに対して、高い価値を見出していくことに喜びを感じます。

 

まあ・・・

 

「謙遜は美徳である」としておきたい人たちにとっては、物言わぬ子羊の群れは非常に扱いやすいのですけれど(^-^;)

 

競争の場で自分よりも上に出られると困るときには、「謙遜できない人は嫌われる」などと批判したりします。

 

ですが、誰に嫌われるって、それを言った本人ですよね。

 

あなたをコントロールしたい人たちの戦術にハマらないでくださいね。

 

いつもの癖で謙遜したくなったら、誰にとって、価値のある存在になりたいのか、よく考えてくださいね。

 

あなたが自分を低く表現する必要はないのです。

向上心や熱意にあふれる素晴らしい自分を表現するだけでいいのです。

 

あなたの良さを一番知っているのは、あなた自身なのですから。

 

  

それでも困ったことに、なかには自分を売り込むことに対して、「自分はそこまで強引なことはしたくない」と蔑む人もいます。

 

完全に思考回路が違っています。

そんな思考をしていたら、愛される画家どころか、何者にもなれません。

 

そこまでやってみないと、それが有効かどうか分かりません。

現在はっきり分かっているのは、のままのあなたでは、今のままだ」ということです。

 

変化する必要があるのです。

 

今のままから抜け出すために、強引さはトリガー、強烈なキッカケになります。

 

変化をするときには、スマートでなくていいのです。

優等生のような振る舞い方ができるようになるまで待っていては、目の前のチャンスは次々と逃げていきます。

 

不恰好でいいんです。

 

すべての人に気に入られるように生きなくていいのですよ。

 

 

あなたが望むものへ、どんどん売り込んでいきましょう。

 

「私の絵を持ってください」

「僕を応援してください」

 

こういう言葉を、気持ち良く言える画家になると他の言動も次第に伴ってきて、一皮剥けます(*^-^*)

 

そうそう。

 

オマケのようになりますが、下を向いて話す癖を直すといいですよ。

話すときに、視点が常に下がっている人がいます。

 

顔を上げて、前を向いて話しましょうね。

 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこち

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこち

ichiharugallery.hateblo.jp