強烈に愛される画家になるための特別講座

画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)が教えるファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

賢い人は苦戦しなくていいものを選ぶ

こんにちは。

宮毬紗です。

 

どのような職業にでも、「近道をする人」「遠回りをする人」がいます。

 

近道をする人は、自分をよく知っています。

何に向いていて、何をすれば目的地に早く辿りつけるかを知っています。

 

遠回りする人のなかに、ある思い込みに縛られている人がいます。

 

「夢を叶えるには苦労するものだ」

 

そうでもないんですよ。

 

あなたに向いていることをすると、他の人が苦戦している間に、あっという間に目的地へ着いてしまいます。

 

人には、向き不向きがあります。

 

才能と言う場合もありますね。

 

向いているものは、道がスーッと開いていきます。

向いていないものは、どの道を進めばいいのかさえ、よく見えてきません。

 

 

例えば・・・

 

トップアイドルになりたい場合は、やはり容姿が重要です。

 

容姿に恵まれた人は、道を歩いているだけでスカウトされるでしょう。

私の知り合いに非常に美しい女性がいましたが、芸能プロダクションからスカウトされて、美少女コンテストで賞を取り、あっという間にCMに出ていました。

 

そうでない場合は、オーディションを受け続けたり、整形したり、相当の努力が必要です。

 

相当に努力しても結果が出ないという人は、たくさんいます。

だからこそ、オーディションに落ちた敗者復活組が活躍しているのを見るのが好きな層が存在するのです。

 

 

苦戦するものは、あなたには向いていないのです。

 

苦戦しているときは「それは違いますよ」というサインなのです。

心身からのお知らせです。

 

あなたは、モチーフを選んだり、公募展を選んだりするときに、あなたに向いたものを選んでいますか?

 

絵の大きさはどうですか?

大きな絵でないと伝わらない技法やモチーフがあります。

小さな絵でないと、生きてこない技法もあります。

 

 

向いているものは、やればやるほど結果が出るものです。

 

やればやるほど改善するところが見えてくるものです。

 

それがあなたに向いているもので、力を注ぐ価値のあるものです。

 

 

「好きだから、結果なんか関係ないんです」という人もいますね。

 

それならそれでいいのです。

本心から「結果なんかいらない」と思っているのならば。

 

でもそうでないのならば、あなたに向いているもので勝負してください。

 

 

人生は有限です。

 

あなたが向いていないものに苦戦している間に、向いているものにどんどん力を注いで、順調にステップアップしている人がいます。

 

「どんな苦労にも意味がある」というのは後付けの価値であって、あえて苦労しなくていいことは、避けていいのです。

 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこち

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこち

ichiharugallery.hateblo.jp