強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

上手くいかない人ほど執着し、上手くいく人は注力する

こんにちは。

宮毬紗です。

 

先ほどの記事に、早速反応をいただきました。

もう少し補足しておきますね。

miyamarisa.hatenablog.com

 

こんな疑問をいただきました。

 

「こだわりを持つことは大事なんですよね?」

 

「上手くいかなくても、こだわりを持って続けていれば、いつか評価されていくことはないのですか?」

 

その考えが合っている部分もあります。

 

向いているものでも、まったくの初心から始める場合、指導者との相性が悪くて、最初からスッといかない場合もあります。

 

最初に躓いた場合でも、数ヶ月もしないうちに、やはり向いていないものよりも上達の進度は早くなります。

 

 

向いていないものに「執着」しないでくださいね、ということなのです。

 

上手くいかないものに、絶えず意識が向いている人がいます。

努力をし続けるのですが、違うアプローチをしてみるとか、別のものと同時並行にトライしてみるとか、想定外の可能性を受け入れる柔軟性がない状態です。

 

自分の欲しい結果しか見えていない。

でも結果は、いつまでも出てこない。

それでも他のものに目を向けることができない。

 

停滞しています。

 

停滞しているものを動かそうとしているのに、停滞したままなので、余計になんとかしようと足掻きます。

 

これが執着です。

 

 

私が提案しているのは、こちらなのです。

 

「すでに上手くいっているものへ、さらにこだわりを持ち、力を集中して注ぎ続ける」

 

もう結構上手くいっている状態です。

周りにも、評価してくれる人がいます。

自分でも「案外といけるかも?」という予感があるものです。

 

そういうものを見つけたら、自然と上昇していくのを待つのではなく、集中的にグッと力を注ぐのです。

 

進んでいくものを、さらに自分で加速させるのです。

 

これが出来ると、加速させたものが圧倒的な才能に育っていき、強烈な魅力あるオーラが、あなた自身からも、作品からも出てきます。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこち

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこち

ichiharugallery.hateblo.jp