強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

あなたの絵の値決めの基本

こんにちは。

宮毬紗です。

 

絵の価格のつけ方を、もう少し説明しておきますね。

miyamarisa.hatenablog.com

 

作家さんと値段を相談するときに、「適正な価格か」「お客様に買っていただける値段」を考えます。

 

なかには「自分の絵は、こんな値段では売れません」と、その人と同じくらいのキャリアの人が付ける一般的な価格よりも、かなり高額な値段を付けてしまう人もいます。

 

よくある「ちょっと高すぎない?」という価格の原因は、未来の可能性を含んだ値段を付けてしまうことです。

 

そのうち有名になって、さらに値段が上がるからという、期待を込めた価格設定です。

 

実際にマスメディアなどでの後押しが目に見える形であればいいのですが、そうでない場合は、なぜそこまで高額なのか、その論拠をお客様へ伝えるのは困難です。

 

現在のあなたのキャリアに基づいた価格設定が望ましいと思います。

 

 

一方で「どうしても売ってしまいたい」「自分の絵には、そんな価値はありません」と、値段を低く付け過ぎる人もいます。

 

どうしても売ってしまいた作品だと、バーゲン品の値段を付ける感覚になってしまいますので、要注意です(^-^;)

 

お買い得感を出すと、初めて絵を買うお客様へのハードルを低くする効果はあるでしょうけれど、「安くする」という方向ではなく、小さな作品をお勧めすればいいですよね。

 

 

値段を付けるときには、あなたのこれまでの経験から得た価値観自己評価がそのまま出ます。

自分の絵の価値を客観的に評価するのは難しいと思います。

 

画家は一人一人が経営者と同じです。

よくビジネス書でも「経営の要は値決め」と書いてありますが、自分の作品の値段を正しく見極められるようにならないと、その場の気分で値段をつけてしまったり、周りの価格競争に巻き込まれてしまったり、自分がどんな画家になろうとしているのか方向を見失います。

 

自分の価値を、社会のなかでのあなたを見る客観的な視点と、あなたのオリジナルの価値基準で見る主観的な視点、両方で見られるようになりましょうね。

 

 

販売実績が思わしくない場合、いつも通りに値段を決めるのではなくて、見直してみるといいですね。

 

高すぎるだけではなく、安すぎるときもあります。

リサーチ不足により、周りとのバランスが取れていないことが問題だったりすることもあります。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこち

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこち

ichiharugallery.hateblo.jp