強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

負けない企画展の作り方

こんにちは。

宮毬紗です。

 

展覧会の企画を作家さんと作るときに、これを心がけています。

 

「最初の計画は、すべてに理由を与えて、冷徹な目で練っていく」

 

「実行し始めたら、楽観的に進めていく」

 

「途中で問題が起こったら、再び冷徹な目で進退を決める」

 

「進むと決めたら、前の問題を引きずらないで、再び楽観的に進めていく」

 

企画展は「なんとなくウケるんじゃないか」「案外と好評かも」という、漠然とした理由では作りません。

 

なぜそれをテーマにするのか。

なぜその作品数なのか。

なぜその時期にするのか。

なぜその作家がやったほうがいいのか。

 

理由を明確にして、決めていきます。

 作家さんからの提案でも、事細かく理由を聞いていきます。

 

やりたいことが、よりクリアになっていくために、理由を考えていくのです。

 

というのも、展覧会という「舞台」で、やりたいことが見えていない人が多いからです。

1点1点の作品に思い入れがあっても、展覧会という空間性を生かそうという発想まで行き着いていません。

 

理由がハッキリしてくると、どんなお客様が集まって、どんな作品が必要で、どんなアピールをしていけばいいのか、ストーリーが見えてきます。

 展覧会をひとつの物語として想像できると、まとまりのある、見やすい展示になってきますよ。

 

 

好きな絵を飾りたいだけでしたら、レンタルスペースでもいいのです。

 

画廊・ギャラリーは、そこの持ち味が好きでご贔屓にされているお客様がいらっしゃいます。

企画展は、そこの画廊・ギャラリーの持ち味を生かしたほうが、良い結果につながりますよ。

 

 

 

時々ですね・・・

 

「理由を言葉にはできないものをやっています」

 

という事を言う人がいます。

 

言葉にできますよ。

 

言葉の世界は、本当に豊かです。

花や色の名前でもそうですが、言葉とイメージが連動してより一層美しい世界を作ることが可能です。

 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこち

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこち

ichiharugallery.hateblo.jp