強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

それでなければ、いけませんか?

こんにちは。

宮毬紗です。

 

惜しい人がいます。

 

全体的に、悪くはないのです。

まったく売れないわけではないですし、そこそこ公募展などでの評価も受けています。

 

でも、いつまでも売れ方が「そこそこ」なのです。

 

そういう人は、一度自分の「ここに拘りがある」という部分を見直してみてください。

自己満足に陥っていないか。

 

あなたが「これが好き」と拘るものは、それほど美しくなく、主張もないかもしれません。

厳しく言えば、ほかの人には価値のない自己満足の領域を出ていないかもしれません。

 

例えば「私は青が好きです。だから青い絵を描いていきます」という人がいます。

 

でもその青色が、美しくありません。

心を打たない「青い絵」が量産されているだけです。

 

好きなものを繰り返すだけでは、趣味と変わりません。

 好きなものに拘りを持つときは、それを磨き続けてこそ光るのです。

 

好きなものに拘りを持っていて、同じ作品を描き続けることは、悪いことではありません。

ただ、その状態でなかなか売れない人に提案をするのは、「〜な絵が好きだったら、一度、それを捨てた絵を描いてください」ということです。

 

抽象画を描いている場合は、具象画を一度描いてみること。

薄塗りの場合は、厚塗りをしてみること。

 

やってみると、変えた作品から順番に売れることがあります。

不思議ですよ。

お客様はちゃんと分かっているのだと感動します。

 

これは、「これまでにないことをやる」という緊張感が、絵から出るのもあります。

緊張して、いつも以上の力が出ます。

 

「それに拘る意味」を再確認できる効果もあります。

ただ「楽だからそれにした」「なんとなくやっていた」というものだったのかもしれないと、ほかのことを試してみて、初めて気がつくのです。

 

そうそう、「お客様は何も分かっていない素人だ」と勘違いしている人がいますが、実際に絵を変われるお客様は、かなり確かな目を持っていらしゃいますよ。

 

お客様に鍛えてもらえる画家は幸せです。

 

 

原則はとてもシンプルです。

今のままでは、今のままの結果が出続けます。

 

思うように売れないときは、何かを捨てることが必要です。

変えることが必要です。

怖いことをやってみてみましょう。

失敗もしてみましょう。

 

ぜひ勇気を出して脱皮してくださいね(*^-^*)

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこち

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこち

ichiharugallery.hateblo.jp