強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

やりきっていますか?

こんにちは。

宮毬紗です。

 

いま出せるものは、いま出す習慣をつけましょう。

イデアも、作品も、勇気も。

 

「いつか」ではなく「いま」が大事です。

いますることで、あなたの運気の流れが変わっていきのです。

 

運気の流れを滞らせないように意識するのは、とても重要です。

 

 

こんな心境になることはありませんか?

 

「この作品は、今度にとっておこう」

 

「このアイデアは、いつか大事なときのために残しておこう」

 

「とりあえず今回はいつも通りに描いて、来年から、新しいことをやってみよう」

 

私はやっていました・・・(^-^;)

 

そして見事に予想を外して、やっと出す頃には、どうでもいいものに成り下がっていました(笑)。

 

 

イデアは新鮮なうちが一番エネルギーを持っています。

勢いがあるのです。

 

作品の場合は、あなたの出品予定だった企画展が、主催者の都合で中止になることもあります。

珍しいことではありません。

 

イデアも作品もしまい込んでいても、その「いつか」が予定変更になることがあるのです。

 

あなたの予定も、変わってしまうかもしれません。

興味がうつったり、生活環境が変わったり。

 

未来はいつも不確定です。

 

その不確定なもののために、最高のものを持ち越していくよりも、この瞬間に出してしまいましょう。

 

 

出し惜しみしてしまう心理には、「この先に、もうこれ以上のものは出てこないかもしれない」という、不安感も関係しています。

 

守りの態勢になります。

 

「守り」が悪いわけではありません。

でもここに、不安感が入ると違ってきます。

 

未来の変化を恐れるようになります。

保険をいくらでもかけておきたくなります。

 

その保険になるものを貯め込もうとするので、滞る状態になるのです。

 

でも、このブログで毎日勉強し続けているあなたには、「これ以上のものは出てこない」なんて、そんなことはありませんよね(*^-^*)

 

あなたがそうならないために、私も書いていますよ。

不安にならなくても大丈夫です。

 

古いものを捨てると、新しいものが入ってきます。

この場合の「捨てる」とは、「やりきる」「使い切る」ということです。

 

身軽になると、感覚も敏感になってきます。

「あれ?自分って、もっとできるんじゃない?」と。

 

これは、やりきった感があるからこそ出てくる発想ですね。

 

あなたは、まだまだ進んでいけます。

こんなところでは止まりません。

  

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこち

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこち

ichiharugallery.hateblo.jp