強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

破綻しない愛され方を身につける

こんにちは。

宮毬紗です。

 

昨日、こんな記事を書きました。

miyamarisa.hatenablog.com

 

さっそく反応がありました。

 

「なぜ今さらセルフ・プロデュースの<基礎>なのですか?」

「もっと戦力になるコツを教えてください」

 

いえいえいえ・・・(^-^;)

焦らないでください。

 

この記事に書いてある基礎ができていないと、大変なことになりますよ。

 

いえば、テクニックや小手先の戦力をだけつけても、土台から崩れます。

 断言できすが、途中で破綻しますよ。

 

昨日の記事では「自分を知ることが大事」と書きました。

 

これは恋愛でも結婚でも、言えば育児でも仕事でも、なんでもそうなのですが・・・

 

自分がどういう人で、何を求めているか認識できていないと、人に簡単にコントロールされて生きていくようになりますよ。

 

自分を知らない人をコントロールするのは、かなり簡単にできます。

かなり危ない状態なんですよ。

 

 

画家の場合、「売れたい」「人気がほしい」という欲望に、ある程度は貪欲になる必要があります。

 

物語の世界ではあるかもしれませんが・・・天然のまま、「気がついたら、なんとなく売れました」「いつの間にか誰かにスカウトされて、知らない間に人気が出ていました」なんてことは、現実にはありません。

 

タレントのオーディションで「友達がどうしても付いてきてほしいと言ったので、付き添いで受けたら、グランプリをとってしまいました」と同じレベルで、ありえません。

 

これも、ほぼフィクションですね。

まあ夢を売る仕事は、そういうことを演出してもいいのです。

 

もしも、時流に乗ったラッキーで、一時期には人気が出たとします。

そういうことはあります。

 

でもラッキーだけで、人気は維持できません。

同じように続かないのです。

 

ラッキーがあろうとなかろうと、戦略的な思考で行動することによって、売れて続けていく画家になることが、あなたの目指す地点です。

 

その戦略的な思考が問題です。

 

それは「あなたにとって都合の良いもの」「あなたにとって合理的なもの」にする必要があるのです。

 

あくまでも「あなたにとって」であって、「他の人にとって」ではないのですよ。

ここを注意してくださいね。

  

例えばですね・・・

 

売れたいために、友達に「売れるには、どうすればいいと思う?」と聞いたとします。

 

すると、こんな答えが返ってきました。

 

「そのまま自然体でやっていけば、いいんじゃないか?ガツガツしているのって、〜さんには似合わない気がする」

 

売れる方法を聞いているのであって、「自分らしいかどうか」は、まったく質問の答えにはなっていませんけど、なんとなく、それらしいですよね(^-^;)

 

相手に説得力があると、「そっか、そういうものかな。そこまで売りたいって気にしないでいいのかも」と納得してしまったり。

 

こうやって、人の潜在意識にある「仲間には自分以上に売れないでほしい」という思考から出た戦略に、うかうかと乗せられてしまう人がいます。

 

もちろん、親切で教えてくれる知人や先生もいますよね。

 

でも、その人にとっては非常に効果的だったものが、あなたにとっても効果的であるとは限りません。

 

でも自分をよく理解できていないと、「そうすれば結果がでるのだ」と、そのままを信じ込んでしまい、同じような結果は出ないのに、他の方法を取れないという状況に陥ります。

 

自分をよく知らないので、相手と自分を同一視できてしまうと、こんな心理状態に、簡単に陥ります。

 

実際に、そういう画家さんを見てきましたが、まだ自分を知る機会の少ない、若い人だけではありませんでしたよ。

 

中年以降になっても、まだ自分が分からないで、「どうしたら評価されるのだろう」と、あの先生に聞いて、この先生に聞いてと、右往左往している人たちもいます。

 

年齢は関係ありません。

自分を理解しているか、していないかの違いです。

 

ただしですね。

「自分を知って頑固になれ」と言っているのではないのです。

 

情報を入れる場合に、それが自分に合うものか、合わないものか、あなたが自分で判断できるようになってほしいと願っているのです。

 

どんなに立派な立場の人に、何を言われてもです。

 

相手よりも、あなた自身を一番大事にできるようになれば、他人からコントロールされず、不用意に他人の思惑に振り回されて疲弊していくことはなくなります。

 

そのために、セフル・プロデュースをしっかりやってほしいのです。

基礎部分から。

 

また続きを書いていきますね。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこち

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこち

ichiharugallery.hateblo.jp