強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

画家の恋バナ・極端思考の相手とは距離を置く

こんにちは。

宮毬紗です。

 

世の中には、あまり近寄ってはいけない人たちがいます。

 

それは極端思考の人です。

 

こういうことを口に出す人の多くが、極端思考です。

  

「すべてを失っても、〜さえあればいい」

 

「体ひとつあれば、あとはゼロになってもいい」

 

シンプルに生きている感じが潔く見えて、好感を抱く人もあるでしょう。

 

ですが!

こういう発言をする人と付き合うだけでなく、一緒に仕事をするのも要注意です。

 

「やるなら、徹底的にやりますよ」などと、一見完璧主義に見える発言をしつつも、実際の「やるべき仕事」は、時間を守れなかったり、手抜きだったりと、ルーズです。

 

一方で、安定した心の人は、物事がゼロになることを想定しません。

 

堅実に物事を積み重ねていくので、それが一気に崩れたり、失ってしまったりする事態を想像することがないのです。

 

一気に崩れるような行動を、まずしませんしね(^-^;)

 

恋人を探すときは、これは覚えていてください。

 

「すべてを失っても」というような言葉を口にするときは、「すべてを失うような危険性があることをしても許してほしい」という願望が含まれています。

 

「僕は君を傷つけてしまうかもしれない」という言葉に、「君を傷つけても僕を許してね」という予告が入っているのと同じですね。

 

極端な言葉をあなたに使う人は、

 

「私は極端なことをあなたにしますが、あなたはそれを許してね」

 

というお願いをしているのです。

 

そういう視点で、彼らの発言と行動を、一度冷静に観察してみてください。

 

もしかしたら、ほかの人には、そういう言葉を使っていないかもしれません。

ある特定の人に、限定して使う言葉というものがあります。

 

これを「私だけに本音を話してくれた、愛されているんだ」と勘違いしてはいけませんよ。

 

男性は特にそうですが、安定した愛情を持っている相手へ、

「僕はサバイバルができない男だよ」

と、女性の不安を煽るような言葉を、まず使いません。

 

駆け引きのテクニックです。

 

女性の場合は、相手に依存しやすい状態になっています。

親切にしすぎると、次第に四六時中付きまとわれ、共依存関係になってしまいます。

 

「重すぎる恋人」ですね。

 

なにごとも、バランスが大事です。

もし自分が極端なことを言う癖があるのなら、すぐにやめましょうね。

 

言葉は、現実になってしまうのです。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこち

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこち

ichiharugallery.hateblo.jp