強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

狐にも狸にも

こんにちは。

宮毬紗です。

 

作家さんにギャラリーに立ってもらうとき、こんな注意をしています。

 

「アトリエで制作しているような、巣のままのメンタリティーでは、画廊に立たないでください。作家という仕事をしている自覚を持っていてください」

 

<ありのままの自分>というものを、高く評価してくれるのは、おそらく親ぐらいでしょう。

 

素のままのあなたを「作品を買いたいくらい、魅力的な作家だ」と思ってくれる人は、ほぼいないと思ってください。

 

もしもですよ。

 

素のままのあなたに、そんなにすごい魅力があるのなら、今頃すでに、芸能界にスカウトされているか、売れっ子作家です。

 

でも違いますよね。

 

いまのあなたの価値はどのくらいなのか、現実を見る力を持ちましょう。

 

これは「自分なんて」と卑下するためではなく、そこからスタートしないと、間違った努力をしてしまうからです。

 

 

あなたが本気で、画家という仕事で成功し続けたいのであれば、ぜひ狐にも狸にもなってください。

 

あなたが変わるためには、まずはあなた自身が、自分で自分を騙さなければいけません。

もちろん、いい意味でです。

 

「私は〜のジャンルでは、3枚出品すれば、確実に2枚売れる画家。誰かが1枚買うと、同じものが欲しくなるファンがいます。そのために、最低2枚は必ず、どちらの絵も質を落とさずに描けるのです」

 

「僕のファンは、僕の〜色の絵を最低でも1枚は持たないと。なぜなら、その色の絵が今後高く評価されていくから。持っていないことは、大きな損失になるはず」

 

このくらい思い込んでください。

 

チャンスは、誰にでもやってきます。

でもそのチャンスは、素のあなたにピッタリ合わせた、オーダーメイドの形にはなっていません。

 

上手い人は、チャンスに合わせて、ちょっとした変身を繰り返しています。

 

チャンスの形に合わせて、少しばかり化けるのです。

 

 

先日も、あるチャンスの掴み方を相談してきた作家さんがいます。

こういう相談は大歓迎です(*^-^*)

 

相談してきた作家さんには、そこで確実にチャンスをものにするために、 「その場所で求められていること」を教えました。

 

「求められていること」を、いかに自分に引きつけて考えられるかは、個人差がありますが、まったくの戦略無しの空手で向かうよりも、チャンスは掴みやすいでしょう。

 

こういうガッツは、ぜひ真似してください。

 

 

「ここは取りに行く!」と本気で決めたら、我をすてて、一度狐にも狸にもなってみてください。

 

そこで「それは、自分らしくない」とチャンスを流してしまうのか、「ちょっとこれまで出品してきた展覧会と趣旨は違うけれど、これも取ってみてやろう」と掴みに行くのかで、未来が変わってきます。

 

これまでとは違った結果が出てくると思いますよ(*^-^*)

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

画廊からもらったテーマの深め方は、ここでタイムリーに勉強できます。

ichiharugallery.hatenadiary.jp

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.j