強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

展覧会の勝負は一朝一夕に作れないもので決まる

こんにちは。

宮毬紗です。

 

京都は雨が降ったり、止んだり・・・蒸しています。

まだまだこれから、蒸し暑さ本番ですが、すでにグッタリです(笑)。

 

でも庭の紫陽花は、いきいきしています!

花を見ると、気分が良くなりますね。

 

来年の秋、企画展出品作家さんと、老子の『道徳経』をテーマにした展覧会を開催するにあたって、こんな勉強会ブログをやっています。

ichiharugallery.hatenadiary.jp

 

・・・はっきり言って、かなり面倒なことをやっています(笑)。

 

始まる前も、みんなでタイトルを「あーでもない、こーでもない」と相談したり。

 

タイトルを決めるためには、ある程度、すでに老子を読んでいないといけないのですよね。

 

そこでお互いに、「おお、こんな捉え方があったんだ!」と刺激になったり。

 

 

本を読むだけではなく、自分の言葉でアウトプットすることは、そう楽ではありません。

 

絵も描き、言葉でも表現する。

 

この両輪を、展覧会まで回し続けるのです。

 

よくまあ、この面倒な企画を引き受けてくれました・・・(^-^;)

 

想像以上大変だと思います。

 

 

でもですね。

 

だからこそ、これまでよりも深い絵が出てくるのではないかと期待しています。

 

取り組み方の違いは、如実に結果に出るので(*^-^*)

 

絵画の展覧会の勝負が決まるのは、展覧会の会期中ではないのですよね。

 

制作をどう進めていくか決めるときが、まずは一番の勝負どきなのです。

 

どれほど掘り下げることができるか。

 

どれほど完成度を上げることができるか。

 

どんなゴールを決めるかというとこで、すでに差がついています。

制作の準備で、結果が決まります。

 

もちろん、予想外のことも起こるでしょう。

 

ですが、まったくの無計画での予想外の出来事とは、対処の仕方が変わります。

そこで学べることも、変わってきますね。

 

 

もしも、どんな準備をすればいいのか分からない人は、ぜひ彼女たちの進め方を参考にしてくださいね。

 

コメントで質問してもいいですよ(*^-^*)

優しくて綺麗な女性画家さんと知り合いになるチャンスです(笑)。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

このブログとの両立がけっこう大変です!

ichiharugallery.hatenadiary.jp

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.j