強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

あなたの絵を買った方がいい理由はなんでしょう?解答編

こんにちは。

宮毬紗です。

 

京都では祇園祭宵山が始まりました。

粽も新しくして、無病息災を祈ります。

 

さて。

 

お待たせしました。

この記事の解答編です。 

miyamarisa.hatenablog.com

 

どんな理由が思いつきましたか?

 

たくさん出てきた人、迷いに迷った人、いろんな思いがあったと思います。

 

この質問で、気づいてほしかったのは・・・

 

「どこまでの高さの視点で、あなたは物事を見ていますか?

 

ということです。

 

 

例えばですね。

 

自分にだけしか視点が向いていない人は、こうなります。

 

「私の絵を買った方がいいのは、私に才能があるから」

 

「僕が食べていけないのは困るから」

 

自分の利益のためだけに、お客様に絵を買ってほしいのです。

 

お客様の喜びは、自分を喜ばせることだと考えています。

 

 

次にですね。

 

お客様を含めた視点を持っていると、こうなります。

 

「絵を飾ってもらって、お客様のご家族にも楽しんでほしいから」

 

「ほかのものを買うよりも、本当に価値があるものを持っていてもらいたい」

 

この場合は、購入された後のことを考えることができていますよね。

 

「売って終わり」ではありません。

 

 

この「お客様と自分の幸せはリンクしている」という考えは、自分に自信がないと、なかなか持てないのです。

 

お客様の幸せを考えるのは、他者本位ではないのです。

 

自分にだけしか視点が向いていない人の方が、自信家のように見えるのですが、じつは逆なのですよ。

 

「私はお客様を喜ばせることができる存在である」という自信があるからこそ、Win×Winの思考ができるようになるのです。

 

恋愛でもそうですよね。

 

「私は愛される存在である」という自信があるからこそ、相手へ、安定した愛情を注げるのです。

 

 

さあ、さらに次へ進みましょう。

 

あなたに目指してほしいのは、さら上の視点、「文化・芸術への貢献を含めた視点」です。

 

「私の絵を持つことで、お客様は芸術の発展に貢献している」

 

この視点を持つには、あなたが「自分は天から絵を描く才能を与えられている」と信じることが必要です。

 

あなたは神様から、絵を描く才能を授かっているのです。

描ける環境も含めて。

 

こういうものをGifted(ギフテッド)とも呼びますね。

 

 

またまた質問です。

 

あなたは「絵を描けるという」天からの素晴らしい贈り物に、感謝することができているでしょうか?

 

「自分には、そんな才能なんてない」と心が沈んでいませんか?

 

そうなると、次第に一番最初に書いた「自分にだけしか視点が向かない人」になっていきますよ。

 

ここで「あなたには絵を描く才能がある」という言葉に出会ったことは、無意味でしょうか?

 

よく考えてみてください。

 

あなたは、本当はどんな心になりたいのかを。

 

 

あなたの心からの感謝を、お客様と分かち合うことは、お客様にとっても大きな喜びとなるのです。

 

人は常に、世界を良くしたいと思っています。

 

芸術を通して世界を良くするという体験を、絵を購入することで、あなたと共有するのです。

 

 

これは、あなたの絵を買った方がいい理由になりませんか?

 

芸術を愛し、より良い生き方を求める人が、あなたの絵を買いたくなる理由だとは思いませんか?

 

 

この問題の答えを、ぜひこれからも、考え続けてくださいね。

 

あなた自身の言葉で、あなたにとって最高の答えを見つけてほしいと願っています。

 

きっとその答えは、感謝にあふれた答えだと思いますよ(*^-^*)

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

3人の女性画家のブログです

ichiharugallery.hatenadiary.jp

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.j