強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

大ヒットを飛ばすには戦略的シンデレラを目指せ!(4)

こんにちは。

宮毬紗です。

 

この記事の続きです。

ついに、シリーズ4まで来てしまいました(*^-^*)

miyamarisa.hatenablog.com

 

ここまで書きましたね。

 

 

大急ぎで駆け下りながら、あなたは気づきます。

 

「おっと、これをしなければ!」

 

 

さて、「おっと、これをしなければ!」の、これはなんでしょうという質問で終わりましたね。

 

「ガラスの靴を落としてくる!」

 

・・・その通りです。

 

ですが、そのガラスの靴の本質はなんでしょう?と聞きたいのです。

 

シンデレラは、ガラスの靴を階段に落として、王子様に拾わせますね。

まあ、女性が靴を落とすのは、ほぼわざとです(笑)。

どうしても好きな靴なら手に持って走ります。

 

この「わざと」な行動は、何を意図しているのでしょうか。

 

・・・・・

 

はい、その想像通りです。

 

余韻を引き出すトリガー(引き金)を仕掛けた。

 

なぜなら。

 

シンデレラが去ったあと、王子様の周りには、まだまだ美女がウヨウヨしています。

 

シンデレラに似た美女もいるでしょう。

それ以上に魅力的な美女が、さらに遅れてやってくるかもしれません。

 

ライバルだって、何も考えていないわけではないのですから。

 

ですがシンデレラは、「ガラスの靴」というトリガーを王子様に拾わせます。

 

それを見るたびに、王子様がシンデレラのことを思い出す仕掛けを作ったのです。

 

じつに戦略的ですね・・・。

 

私はこういう女性は好きですけどね(笑)。

 

 

では、これが展覧会の場合だと、どうなるでしょう。

 

絵葉書小作品など、あなたを思い出すトリガーになるものを、お客様へ持っていただく戦略を考えましょう。

 

展覧会にいらしてくださった、お礼のお手紙でもいいですよ。

 

ただしこれは、慣習的な感じになってしまうと効果が減少します。

 

シンデレラの場合も、それを見ると「ああ、シンデレラと楽しい時間を過ごした」とリアルな記憶を喚起させる小道具を使っています。

 

これは、あなたらしさが伝わるものにしましょう。

そのために、身につけられたり、いつも見えるところに置けるような、小さな作品を販売するのは効果的です。

 

 

さて・・・。

 

ここまで来て、あることに気がつきませんか?

 

じつはですね。

 

あなたが相手にできる王子様の数は、1人ではないのです。

 

何人もの王子様が、この世にはいるのです。

 

あなたは、どうしますか?

 

ひとりの王子様を狙いますか?

 

それとも、何人もの王子様から選びますか?

 

もしもですよ。

 

あなたが「一番落としやすい王子様にしよう!」と確率だけを考えて成功を目指すのならば・・・

 

 あちらの国の王子様、こちらの国の王子様と、毎晩のように舞踏会をハシゴしないといけないのです。

 

これは、相当にハードです。

 

継母の命令通りに、掃除をしている場合ではありません・・・。

 

さあ、またまたここで問題です(*^-^*)

 

あなたなら、どうしますか?

 

 あと1話、続きます。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

いい感じで続いています

ichiharugallery.hatenadiary.jp

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.j