強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

成功する画家は奔放ですか?な質問

こんにちは。

宮毬紗です。

 

こんな質問をいただきました。

 

「成功している画家は、生活も恋愛も乱れていそうです。真面目な性格では成功できないのでしょうか?」

 

ど、どこで、そんな情報を・・・(笑)。

 

規則正しい生活の画家さんも、奥様一筋の画家さんもいます。

 

どんな性格だから成功できる、できないということではないので、真面目な性格でも大丈夫です(*^-^*)

 

 

私の場合は、地味な生活が好きです。

本を読んで勉強したり、制作したり、日々向上していく生活が落ち着きます。

 

夜に飲みに行ったり、大勢で騒いだりするのが、あまり好きではありません。

 

美味しいお料理といただくワインなどは美味しいと思いますが・・・酔っ払っている状態が、そんなに楽しくないんですね。

 

酔っている時間が、もったいない気がするのです。

頭の動きが鈍くなるので。

 

ギャラリーによっては、お酒を飲むことで作家さんとのコミュニケーションをとっていたりもします。

 

ですから、「パーティや飲み会をしなくてもいいの?」と聞かれることがあります。

 

はい、しないです。

 

以前は画廊でも飲み会をしていましたが、やめました。

ですがそれで、販売実績が悪くなったということはありません。

 

この先も、飲むコミュニケーションはしない方針でいきます(*^-^*)

 

 

その代わり、というわけではないのですが・・・

 

私の画廊では、パーティー以外の方法で、作家さんの制作と販売を後押しする工夫を続けています。

 

このブログを書くこともそうですし、こちらの勉強会ブログもそのひとつです。

ichiharugallery.hatenadiary.jp

 

恐ろしく真面目に、画家さんが老子の『道徳経』を勉強しています(笑)。

ぜひ目を通してください。

 

こういう勉強会を、これからも増やしていく予定です。

 

 

私は、最後に残るのは、どんな分野でも真面目な人だと思うのです。

 

やるべきことをやる。

日々自分を成長させる。

 

周りの成功した人を見ていても、皆さん真面目で、勤勉です。

 

そういう当たり前の努力を、淡々とやっていける画家さんを、私の画廊では全力で応援しています。

 

 

恋愛は個人的なことですが・・・

 

恋愛も、恋多き画家の話も、映画やドラマなどでありますが、恋に奔放だから絵が上手くなるということはないですよ。

 

ときめきや、新鮮な気持ちが、絵を描くモチベーションになることはあるでしょう。

 

ですが、だからといって、技術やセンスが一段と向上するわけでもないのです。

 

恋愛問題でグダグダだと、おそらく絵のクオリティは下がります・・・(^-^;)

 

いつもは色彩に透明感のある画家さんが、

 

「ちょ、ちょっと、これは・・・」

 

と展示をためらうような濁った色の絵が出てくるのは、心理的に辛いときです。

 

奔放かどうかよりも、いつも安定した心の状態をいつも保てる人が、高評価を得ていくように思いますよ。

 

真面目でいいですよ(*^-^*)

 

できれば、融通のきかない「生真面目」よりも、寛容さのある「上品な真面目」を目指してください。

品よく、賢い画家を目指しましょう。

 

きっと大きな成功を勝ち取れると思います。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.j