強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

個展会場で詐欺にあわないために

こんにちは。

宮毬紗です。

 

こんな相談を受けることがあります。

 

 

「絵を見た人から、いろいろな感想を言われます。そのなかで、誰の感想を参考にしたらいいのですか?」

 

「ものすごく褒めてくれる人もいますし、批判してくる人もいます」

 

 

絵の感想は、それを見る人の立場によって千差万別ですね。

 

好みも違います。

 

価値観も違います。

 

この先に、あなたにどういう人になって欲しいと願っているのかでも、言うことが変わってきます。

 

 

個展会場のお客様の中には、大げさに経歴を盛って自己紹介をする人もいます。

 

あるいは、褒めて煽てて、あなたに美術雑誌への掲載をすすめてくる人もあるでしょう。

 

聞いたことがないアートフェアへの出品依頼もあったりします。

 

もしも、そういう人の意見を参考にしたい場合や、何かを依頼するのでしたら、どんな経歴の人か、どんなことをやっている会社なのか、インターネットなどで確認しましょう。

 

大変に立派なことを言ってる人が、別の場所で、誇大広告のような詐欺まがいの仕事をしていることもありました。

 

そういう人に限って、あなたに大きな夢を見せるような、美辞麗句を使います。

あなたの絵を褒め称えます。

 

ですが、絵の評価というものは、そう大きく変動しません。

あなたへの大多数の評価が、ほぼ正しいのです。

 

1枚も絵が売れない個展で、すべての絵を絶賛して、「あなたには才能がある。私があなたを伸ばしてあげましょう」というようなことを言われたら、その話には裏があると判断して間違いありません。

 

個展には、様々な人が寄ってきます。

 

くれぐれも、注意してくださいね。

 

 

その中でも、一番耳を傾けたいのは、「あなたが目指す場所にいる人」の感想です。

 

公募展に入選したことがない人に、あなたの出品作へのアドバイスは難しいでしょう。

 

絵が売れない人に、絵の売り方を聞いても、「たぶん、こうしたらいいんじゃないの?」というような、曖昧で、一般的な意見しか返ってきません。

 

でもいきなり、すごく上の憧れの人からは、感想をもらえないかもしれませんね。

 

感想を言ってもらえるには、普段から何をしておけばいいか、よく考えてみてください。

 

興味を持ってもらう努力は必要です。

 

アートの世界も、人間関係を作る力は、非常に大事です。

 

 

また、人によっては、本当は自分がやりたかったけれども、できなかったことを、下の人へ勧めることもあります。

 

親が自分にはできなかった夢を子供に託すのと同じですね。

 

すべての意見を鵜呑みにするのではなく、自分で「本当にそれをすることが最良か」と、調べたり、考えたりすることは必要です。

 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

ichiharugallery.hatenadiary.jp

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.j