強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

ポートフォリオでチャンスを掴める人

こんにちは。

宮毬紗です。

 

この記事を書いたら、こんな質問がありました。

miyamarisa.hatenablog.com

 

ポートフォリオって、そんなに大事なんですか?」

 

ひえ〜〜〜!!!!!

 

な、な、なにをおっしゃる!(◎_◎;)

 

「履歴と、これまでの作品が、分かりやすく載っていればいいんですよね?」

 

いやいやいや。

 

いやいやいやいやいやいや・・・・。

 

これはもう、ポートフォリオの持っている意味が、ぜんぜん理解できていないですね。

 

かなりマズい状態です。

「ブログの記事を一から読み直してください」というくらい、マズい考えです。

 

 

ポートフォリアは、あなたの履歴書です。

 

履歴書以上かもしれません。

 

フォーマットがある程度自由なため、完全にセンス頭の良さ丸見えになります。

 

隠しようがなく、丸見えなんです。

 

あなたのセンスのレベル

 

求められているものを理解するレベル。

 

求められているレベルで表現する力。

 

そういったものが、すべてモロバレになるのが、ポートフォリオなのです。

 

人間力の通知表」を送るようなものなのです。

 

 

ポートフォリオは、ギャラリーだけではなく、出版社などの各種メディアにも届けます。

 

するとそこには、必ず多くのライバルの存在がありますね。

 

多くの競争相手が、あなたと同じようなことを考えています。

 

多くの競争相手が、あなたと同じような行動をします。

 

そのなかで、あなたは、

 

「これを選びたい」

 

と相手に求めさせるトリガーを、仕掛けなければいけません。

 

そのトリガーを仕掛けられる場所が、ポートフォリオなのです。

 

 

データポートフォリオ場合は、データなりの見せ方があります。

ダラダラと、これまでの作品を並列されても、見る方は飽きるのです。

人は興味を保てる時間の限界があります。

 

紙媒体の場合も、そこに仕掛けがなければ、パラパラとめくって終わりです。

どこに見せ場を持ってくるのか。

何を最初に見せるべきか。

戦略ゼロでは、ただの「興味のない相手の、つまらない軌跡」を見せられる苦痛を与えます。 

 

どれほど多くのポートフォリオが、ほとんど注意を払われずに破棄されていくか、想像してみてください。

 

ただですね。 

 

そのなかでも、ポートフォリオだけでチャンスを掴んでいく人も実際にいるのです。

 

それは、ポートフォリオをみて、その人がどれほど仕事が出来るのか、どんな結果を出してくれるのか、受け取り手が想像できたからです。

 

そういうポートフォリオを、その人が作って、送ったからです。

 

ポートフォリオは、めちゃくちゃ大事なんですよ(^-^;)

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

展覧会のための勉強会です

ichiharugallery.hatenadiary.jp

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.j