強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

アートとビジネス、両方のセンスを育もう。

こんにちは。

宮毬紗です。

 

アートとビジネスは、相反するものでしょうか?

 

私の若いころ、こんな考えが主流でした。 

 

「自分の芸術を高めるためには、お金儲けの考えは必要ない」

「画家は、お金のことを考えてはいけない」

 

一部は、その通りですね。

芸術を追求するのには、お金儲けを考える必要はありません。

 

ただですね。

 

その次の段階、

 

「自分の芸術作品を、世の中に出して、楽しんでもらう」

 

となったときには、ビジネスの思考が、必要なのです。

 

世の中に出すために、ギャラリーメディア公募展などで取り上げてもらう場合を考えてみましょう。

 

相手側のビジネスの方針を理解しているか、していないかで、結果に大きな差がついてきます。

 

あるいは・・・

 

作品を発表する媒体を、自分で用意する人もいますよね。

 

その場合は、あなたが経営者です。

コピーライターでもあり、アート・ディレクターでもあり、広報の責任者でもあります。

資金の調達から、値決め、経費の計算。

あなたのビジネス手腕が問われます。

 

画家は、自分自身が経営者であり、従業員でもあるのです。

 

となると・・・

 

「自分は、そこまでできません!」

 

「そういうの、苦手です。制作のことだけを考えていたいです」

 

と悲鳴が聞こえてきそうです(^-^;)

 

 

ですが、よーく考えてみてください。

 

あなたが「生活のためにやっている」と考えている仕事でも、ビジネスのセンスは問われますよね?

 

そこで学んだこと、これから学べることも、あるはずです。

 

業種が違っても、「物を売る」「お客様に喜んでいただく」「事業を継続させていく」という共通項は多くあります。

 

いきなり「画家は経営者である」と書きましたが、遠い話ではないのですよ(*^-^*)

 

 

いまはエリート・エグゼクティブがアートを学んでいます。

あなたとは、逆パターンですね。

この本にも、世界のエリートがアートを学んでいる様子が書かれています。

 

この本を読んで、思い出しました。

私が、大阪の広告宣伝会議で、コピーライティングを勉強していたときです。

 

ある著名なコピー・ライターさんが授業で、

 

「僕はビジネスの新しい発想を得るために、美術館へ行きます」 

 

とおっしゃっていました。

 

企業が作った商品を、より多く販売するためのテクニックを考えるために、一見ビジネス思考の対局にありそうなアートに触れるというのは、面白いですね。

 

真反対にあるものがくっ付いて、新しいものが生まれることがあります。

それを世界のエリートは、いち早く見抜いているのかもしれません。

 

 「ビジネスの思考なんて、アーティストにはいらない」と毛嫌いしているのは、もったいなさそうですよ(*^-^*)

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

展覧会のための勉強会です

ichiharugallery.hatenadiary.jp

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.j