強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

練習問題:なぜか応募用紙に「作品について一言」を書く場所がある場合の対策

こんにちは。

宮毬紗です。

 

公募展は、主催者や審査員の意向をどれだけ汲み取れるかで、結果が変わります。

 

どれほど名作を描いたとしても、主催者の趣旨から外れていれば、評価はされないでしょう。

 

市民ための憩いを目的とした展覧会に、ムンクの<叫び>を出品しても、落選するはずです(^-^;)

 

 

公募する側は、どんな作品を求めているのか。

 

そのヒントは、展覧会の応募用紙に隠れています。

 

応募用紙を見れば、その展覧会がどういう意図で企画されていて、どういう作品、人を求めているのかも、読み解くことができます。

 

では、ここで練習問題です(*^-^*)

 

応募用紙に、

 

「作品について一言」

 

と、書く欄がある展覧会の場合です。

 

こういう場合、主催者は何を見たいのでしょうか?

 

この用紙を作成した人は、どういう人か。

審査員は、ここで何を見るのか。

審査の判断に影響するのか。

 

よーく考えてみてください。

 

解答編は、明後日に書きますね。

 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

展覧会のための勉強会です

ichiharugallery.hatenadiary.jp

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.j