強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

続・願望が叶う過程は、想像がつかなくて当たり前なのです。

こんにちは。

宮毬紗です。 

 

最近、さらに記事を読んでくださる方が増えました(*^-^*)

本当に、ありがとうございます。

 

あなたが幸せになるお手伝いを、させてくださいね。

制作だけではなく、人生全体が輝く記事を、ブログに書いていきますね。

 

もう少し、この記事の補足をします。

かなり大事なことを書きました。

これが理解できれば、あなたの人生は、あなたの思う通りになります。

miyamarisa.hatenablog.com

 

「これは、引き寄せの法則ですか?」と聞かれました。

 

どうなのでしょう?

引き寄せの法則は、詳しくは知りません。

同じものかは、分かりません。

 

私の書いているものは、「引き寄せる」というよりも、「決めた」という態度を貫くことが大事なのです。

 

思いよりも、態度重視です。

 

結果が叶った場面は、あまり考えません。

気持ちは、そんなに重要ではないので、叶ったときを想像して、嬉しい気持ちになったりすることもしません。

 

「こうなる」と決めたことを邪魔するのは、大抵は感情なのです。

 

苦しい。

不安。

気持ち悪い。

 

こういう「途中経過の、進行方向の転換のシグナル」を大袈裟に受け取ると、決意を変えてしまいます。

 

ですので、感情に目を向けすぎないようにします。

  

例えば・・・

 

「私、この展覧会で、ぜったいに入賞する!」

 

と決めたとします。

 

そうしたら、入賞するという前提を守るのです。

入賞するまでは、決意を変えません。

 

そして、

「入賞する自分は、何をするだろう」

「入賞するなら、どんな絵にするだろう」

「入賞するなら、どんなスピードで描いているだろう」

というように、どういう態度で毎日を過ごすのか、考えるのです。

 

これを実行します。

毎日、少しでも。

 すべてを実行できなくていいのですよ。

 

たとえば、こんな感じのことです。

 

「今日は、注文が殺到しているプロみたいに、いつもより早く描いた」

「今回は、審査員の人に『いつもとは違うね』と注目されるような、これまでとは違う色を使ってみた」

「受賞者が買いそうな、いつもは手にしない画集を買ってみた」

 

そんな「いつもとは違う行動」を積み重ねていきます。

 

やってみると、案外と楽しいですよ(*^-^*)

新しいことをするので、脳がリフレッシュする感じです。

 

途中で、

 

「こんなことで変わるのかな」

「新しい色を使っても、楽しくない」

 

とネガティブな思いを抱いたら、少しだけ、方法を変えてみます。

「それとは違う、別の新しい色を使う」など、少しズラします。

 

でも決意は変えません。 

その展覧会で入賞するという決意は、変えません。

 

その年に入賞しなかったら、入賞した人たちをプロファイルします。

自分がやった行動と、何が違ったのか。

差はどこに出たのか。

時間をかけて分析します。

 

プロになり、傑出するということは、前例を分析し、より良い新しいものを付与することの積み重ねです。

 

この作業がなくては、いくら「売れっ子になれました」と想像をし続けても、結果は出ません。

 

ただ多くの人が、感情によって、その場の行動を決めてしまいます。

ですので、決意して、揺るがない心で行動していくことが大事なのです。

  

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

展覧会のための勉強会です

ichiharugallery.hatenadiary.jp

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.j