強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

なぜか売れない、評価されない理由

こんにちは。

宮毬紗です。

  

あなたはなぜ、そのモチーフを選んだのでしょう。

 

例えば、街並みの絵を描こうとしているとします。

 

あなたはそのモチーフで、何を描こうとしているでしょう?

 

何を伝えたいのでしょう?

 

どうして、街並みでなければいけないのですか?

  

「人の温かさが描けるから」

 

「昔住んでいた街の懐かしさを描きたい」

 

では、それは本当に、街を描くことで表現できますか?

 

鑑賞する人にとっては、「どこにでもある、ただの街並み」に見えていませんか?

 

ほとんどの人には、あなたの意図は伝わらないでしょう。

 

人は他人の意図を、100%汲み取ることはできません。

複雑であったり、特殊であるほど、解釈はズレていきます。

 

 

では、どうすればいいのでしょう。

 

「描く」「見せる」を分けて考えてみれば、解決策が見えてきます。

 

 

「思いを描きたい」との動機で制作をしている人は、「見せる」ことへの意識が手薄になります。

 

 

絵画は発表の段階になると、「見せる」ことが評価対象となります。

画家の「思い」から、切り離されます。

 

「見やすい」

「見ていて気持ちいい」

「目に楽しい」

「きれい」

 

そういう、視覚の喜びを満たす作品が、高い評価を受けていきます。

 

この構造を、理解できているか、いないかで、公募展、画壇での評価が変わってきます。

販売実績も変化してきます。

 

 

注意してほしいのは、「思いを込めて描いた」という制作後の副作用です。

あなたの目に、フィルターがかかってしまう可能性があるのです。

 

「思いを込めた」という付加価値が作品に与えられると、どうなるでしょう。

 

おおよそは、自己評価が高くなります。

  

あなたの付加価値フィルターを通した目線と、社会的、客観的な視点と混同すると、

 

「なぜ、この絵が評価されないのだろう」

「なぜ売れないのだろう」

 

と、自分が想像するよりも作品が低評価になってしまった理由が理解できないでしょう。

 

 

思いを込めて描くことは大切です。

ですが、その「思い」自体は、社会的な評価や、販売に繋がるというわけではありません。

 

個人的な思いは、あくまでも制作への動機付けなのです。 

 

次のステップに進むために、「見せる」ということを、もう少し意識してみましょうね。

 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

展覧会のための勉強会です

ichiharugallery.hatenadiary.jp

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.j