強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

解答編:なぜか応募用紙に「作品について一言」を書く場所がある場合の対策

こんにちは。 

宮毬紗です。

 

練習問題の解答編です。

どのような答えが出ましたか?

miyamarisa.hatenablog.com

 

ごく稀に、「作品について一言」という欄が応募用紙にあるのです。

まず、書かない公募展の方が多いですね。

 

ではなぜ「作品について一言」を、応募者に書かせるのでしょう?

 

 

ちょっと、思い出していただきたいのです。

 

こういう欄がある展覧会の特徴です。

形式の特徴とも言えます。

 

開催してから・・・

 

図録やメディアなどで、入選者・入賞者が、「受賞の言葉」「作品への思い」を発表する媒体が用意されていませんか?

 

「作品を見せて終わり」ではありません。

 

画家さんの紹介を積極的にしてくれる展覧会が多いです。

 

 

じつはですね。

 

主催者側は、「受賞への言葉を書いてください」とお願いするのですが、ヒヤヒヤなのです。

 

「言葉では言えません。私は書きたくありません」とか、問題がある話題や言葉を使用したりとか、トラブルが起こるのを警戒しています。

 

トラブルを起こすような人かどうか、「作品について一言」を読むことで、ある程度の判別はできます。

 

暴走するタイプか、引っ込み思案で非協力的か。

極端な行動をする人は、文字や文章で、なんとなく分かりますよね。

 

主催者は、主催者側の意図を理解して、協力的な画家を求めています。

展覧会を盛り上げてくれる画家を選びたいのです。

 

ですので・・・

 

「作品について一言」は、あえて奇をてらったり、無理に変わったことを書かなくていいのです。

 

主催者の趣旨に合うものがベストです。

より深い解釈や展開を書けると、さらにいいですね。

 

主催者も気づかないような、新しい可能性を提示できると、加点は大きくなるでしょう。

 

 

ちなみに、この文章を、いつ読んでもらえるのでしょう。

 

それは審査方法によって違います。

 

(1)ある程度審査を終えて、数を絞った段階で読む場合。

 

(2)応募者すべてのものを読む場合。

 

応募者の数が少ない場合は、すべての出品者の応募用紙に目を通せます。

 

ですが、何千、何百と作品数があり、審査会場の都合で2日間ほどで審査を終了しなければいけない場合は、読める数は限られるでしょう。

 

しっかり読んでもらえそうな公募展では、「相手が何を聞きたいか」を考えて書きましょうね。

 

国語の問題と同じです。

出題者が何を聞きたいのか、それに沿った内容が最善です。

 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

展覧会のための勉強会です

ichiharugallery.hatenadiary.jp

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.j