強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

最初から難関を目指したほうがいい理由

こんにちは。

宮毬紗です。

 

展覧会に出品するなら、競争率の高いものを狙いましょう。

 

入選・入賞が難しいものです。

 

なぜなら・・・

 

参入障壁が低い場所で入選・入賞を繰り返しても、尊敬や信頼の対象にはならないからです。

 

あなたの絵は、尊敬信頼を受けて、価値が上がっていくのです。

 

 

受験でもそうですが、倍率の高い「狭き門」を突破することで得られる尊敬や信頼は、どの世界でも絶大です。

 

異業種で考えると、分かりやすいかもしれませんね。

 

紙媒体で出版している作家と、自費で電子書籍のみで出版している作家、尊敬や信頼は、どちらが大きいでしょう。

 

誰もが出版できる場所で活動していても、価値が年々上がり続けるほどの尊敬を受けるのは、難しいですね。

 

誰もが参入できる仕事では、その中でも、よほどの成績を上げる、傑出した存在にならないと、高い評価は受けません。

 

それでも「自費出版のなかでは」という冠が付いてしまいます。

やっとそこで、紙媒体での出版の話が来るかもしれません。

 

 

手軽に結果を出せる、手軽に始められるものは、余計なエネルギーを奪われるだけではなく、それに関わっているだけでも、あなたの価値を下げることがあります。

 

そこに集まる人のレベルによって、あなたの社会的評価のレベルが決まることもあるのです。

 

手軽にできる。

誰でもやれる。

誰でも評価される。

 

でもそんな「いい加減な人でも、誰でも入っていけそうな場所」で、あなたは何を得られるでしょうか?

 

参入するのが簡単な場所には、低い志で入ってくる人が増えます。

そういう人たちのなかで、あなたは高い志を保っていられますか?

 

努力もせずに、簡単に誰でも良い思いが出来る場所は、ありません。

あったとすれば、何かリスクが隠れています。

甘い罠にハマらないようにしましょうね。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

展覧会のための勉強会です

ichiharugallery.hatenadiary.jp

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.j