強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

出品作家さん用記事:子育て中は語彙力をつけるチャンス

こんにちは。

宮毬紗です。

 

出品作家さん用の記事です。

6月中旬からは、出品作家さん用の記事を一部非公開にします。

作家さんには、記事をメールにて個別に配信しますね。

 

子育て中は、単身の時と比べて、制作時間を十分に確保するのが難しいと思います。

 

だからこそ、その間に語彙力を磨いてください。

文学作品を企画展のテーマに選んでいるのは、そのためでもあります。

 

授乳したり、公園で遊ばせながら、一冊でも良書を読んでください。

 

なぜなら・・・

 

芸術家を愛して、実際に応援しようとする人たちは、知能レベルが高い人がほとんどです。

高所得者であったり、社会的地位が高かったり。

 

そういう人たちへ、あなたの絵だけではなく、言葉も届けなければいけません。

タイトルだけではなく、挨拶文、絵の解説、SNSなど、あなたの語彙力が試される場所は多々あります。

 

語彙力の高い人ほど、早くに芽が出ます。

人気を得ていきます。

 

ですので、制作に向かう時間がないときは、語彙力を徹底的に磨いてください。

言葉だけで「あなたの絵がどうしても見たい!」と熱狂させるくらいのレベルを目指すのがいいですよ。

 

ちなみに、授乳しながら何かをするのは、子供によくないという説が、私が子育てしていた頃にありましたが、そんなことは心配ありません。

人間は、そんな程度のことで気質が決まったり、育成に変化が起こるわけではありません。

 

延々と子供を見ていなくていいのです。

あまり神経質にならなくても、ぜんぜん大丈夫です。

 

親が語彙力を磨くと、子育てにも良い影響があります。

子供は親とソックリな口調になりますから(笑)。

親が表現力豊かに子供に語りかけることで、子供の学力も伸びてきます。

絵本の読み聞かせよりも、読んだ本から得た知識を、子供に通じるレベルにまで噛み砕いて伝える方が、親子ともに、いいことづ尽くめになると思いますよ。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

京町町家で学ぶ絵画教室はこち

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこち

ichiharugallery.hateblo.jp