強烈に愛される画家になるための特別講座

結果を出せる画家になりたい人のためのテクニックが満載!画廊オーナーで京都の日本画家・宮毬紗(絵画教室講師歴24年)がファンから圧倒的に愛される戦略を教えます

限定公開記事/セルフ・プロデュースをするだけでは成功しない理由

こんにちは。

宮毬紗です。

 

セルフ・プロデュースをするのは、あなたが強烈に愛されるために必要です。

戦略の基本です。

 

人は、ブレる人格に魅力を感じません。

芯のある人に魅かれます。

 

もしも悪人であったとしても、その人格に一貫性があった場合は、多くの人が魅了されるのです。

歴史でも実証されていますね。

 

周りの状況に左右されず、いつもブレない人格でいるためにも、まずは自分がどんな人かを知る必要があります。

 

それがセルフ・プロデュースの基本です。

 

自分を知って、それが自分の活躍したい場所でヒットする形ブランディングしていくのです。

 

ただし、これを理解していない人が多いのです。

 

「自分の活躍したい場所では、何が求められているのか」

 

求められている物を知らないで、物を売り込むということの非効率さを考えてみてください。

 

誰も欲していないのに、「これを買ってください」と売り込んでも、反応は薄いですよね。

 

何が求められているのかを知って、そこでアプローチできる自分の魅力を際立たせるのが正しい戦略なのです。

 

例えばですね。

 

私の画廊の場合は、

 

「社会的に成功しているか、成功しようとしている、大人の教養を求めるお客様に満足いただける作品」

 

を欲しています。

 

ですので、企画展のテーマを中国古典から採用しています。

 

理由はシンプルです。

 

成功者のお客様の多くが、中国古典に普段から親しんでいらっしゃるからです。

 

その場合、「古典は興味がないです。自由にやりたいです」という作家さんに出品していただくことはありません。

 

本を読むのが苦手そうな作家さんにも、声をかけません。

 

出品作家さんには、お客様と末長く親しくしていただきたいので、社会的な視点があり、継続的に努力できる性格の人を求めています。

 

「社会的に成功しているお客様」が好む作品を生み出す作家さんは、どういう資質を持っているのかを推測し、それに当てはまる作家さんに声をかけます。

 

お見合いをセッティングするのに似ているかもしれません。

 

お客様には、1回限りの購入ではなく、長期的なファンになっていただきたいので、自分を売り込むだけではなく、相手が何を求めているのかを知る努力をできる作家さんであることが、最重要になります。

 

そのときに、ポートフォリオに何が記載してあるのかを見るだけではなく、話し方、話す内容、服装などを総合的に見て判断します。

 

 

どのギャラリー・画廊でもそうですが、その場所に定着する人の質には特性があります。

オーナーの質で、お客様の質が決まると言っていいでしょう。

 

前衛的なアートが好きなお客様は、前衛的なアートが得意なオーナーのいるギャラリー・画廊に集まります。

 

ですので、自身が前衛的なアートをやっているのならば、そういうギャラリー・画廊へアプローチをしなければいけません。

 

買いたい人と売りたい人のマッチングをするのがギャラリー・画廊です。

 

買いたい人がいない場所へアプローチしても、なかなか結果が出ないのは当然です。

砂漠で水を売るのか。

水が余っているような、湖の近くで水を売るのか。

あなたの作品は、「砂漠で売られる水」になる必要があるのです。

 

セルフ・プロデュースをしたあとは、それをどこにアプローチしていくのかを、徹底的に考えていきましょう。

 

その情報は、他人に聞いてはいけません。

人からの情報は、その人のレベルでしか得られない情報だからです。

 

私もそうですが、「見込みがないな」と判断した人には、詳しい情報は教えません。

教える必要がないからです。

 

でもその人にとっては、「それがすべての情報」に見えるでしょう。

 

あなたにとって必要な情報を知るために、直接その場所へ行くことが重要です。

人の情報を頼りにして判断し、チャンスを失っている人は、案外と多いのです。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 画家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

 

ichiharugallery.hatenadiary.jp

京町町家で学ぶ絵画教室はこちら

ichiharugallery.hatenablog.com

画廊はこちら

ichiharugallery.hateblo.j